主婦の1日はあっという間に過ぎてしまうことが多いと思います。

掃除や炊事、洗濯、買い物など、日常的に行わなくてはいけないことから、子供がいる場合には育児にも時間をとられてしまい、自分の為に使うことの出来る時間がほとんど無いのが実情でしょう。

少しでも自分の時間を増やす為には、少しでも早くそれらの用事を済ますことが大切です。

 

その為には、1日のうちにやらなければならないことを紙などに書いて、簡単な予定表を作ってみましょう。

これは紙でもスマホのメモなどを利用しても構いません。行う度に1つづつ消していくことで、特にこういった予定表を作らない場合より早く終わらせることが出来るようになります。

 

人間は目に見えてゴールが近付いてくると、それまで以上に頑張れるものです。その人間の性質を利用するのが、この予定表を作るという行動です。

 

その中でも、比較的面倒なことは時間的な都合がつく限り、早めに予定しておきましょう。後に面倒なことが控えていると、その前の用事を早く終わらせようとは思わなくなってしまうからです。これも人間の性質だと言っていいかも知れません。

 

もちろんその予定表の中で、これは早めに出来ると思えば順番を入れ替えて行うといったことも大切になります。頭で覚えておくだけでは思い出した順に行ってしまい、効率が上がらないことが多いです。また、場合によっては忘れてしまうこともあり、それを思い出す為の時間も無駄になってしまいます。

 

そして、出来るだけネットの利用を避けることも大事になります。ネットでニュースなどを見ていると、関連する記事や興味のある記事へどんどん進んでしまうことが多く、いつの間にかなりの時間をその為に使っていることがあります。

 

ニュースなどを見ることが無駄とは言いませんが、それは、やらなくてはいけない全ての用事を済ませてからでも遅くは無いはずです。何かをしながらのネットの利用は出来るだけ避けましょう。

 

この予定表を作ることによって、時間が決まっている用事は別ですが、その他の用事は効率よく終わらせることが出来るようになると思います。そのような決まった時間の前にも空き時間を作ることが出来れば、それも有効活用出来ることでしょう。

 

少しでも自分の時間を作るには、いかに効率よく用事を終わらせるかがとても大事だということです。

早朝の時間を活用すること

同じ1時間でも朝と夜では、かなりの効率度が変わってきます。

作業効率を上げて、時間を有効活用するためには、早朝の時間を上手く活用するようにしたいものです。

 

そのためにも早寝早起きを習慣付けるようにしましょう。

一般的には朝食時間を摂るのは、午前6時台から7時台です。

 

そこから逆算して、午前4時から5時台に起床することで、朝にゆとりの時間が生まれます。

そのためにも、なるべくその日にやる作業は夕食の後片付けなどを除いては、夕方までに終わらせるようにして、夜はゆっくりと過ごし、早めに就寝するようにしましょう。

 

朝一番に自分の趣味の時間に充てることができます。

家族が起きる前の時間帯なので、自分のペースで時間を楽しむことができます。

 

自分の自由時間を朝一番に30分でもいいので設けることで、気持ちにゆとりができ、それ以降の作業も捗るようになります。

朝から家事に追われてバタバタしていると、それだけで気分が滅入ってしまうことがあります。

 

時間の使い方にはバランスが必要です。

家事や仕事、育児などに追われていると、どうしてもやるべきことに追われてしまいます。

 

このような生活を続けているとストレスが溜まってしまい、さらに作業効率が悪くなってしまいます。

 

また、週に1度は家事を手抜きするようにしたいものです。

たまには家事代行や食事の宅配などを利用するのも良いでしょう。

 

家事は1年365日休みがないものです。

その為、自分で意識的に休みを取ることで、良い気分転換にもなります。

 

また、家事から解放された時間を自分の時間に充てることもできます。

早朝の時間を活用するためには、早寝の習慣を付けることが大切です。