家事の時間を短縮するには最初に計画する事が大事です。
当たり前の事かもしれませんが、意外と出来ていない人が多いです。
紙に1日の流れを書いて必ず目に入るであろう場所に張っておくだけでも大事です。

 

朝起きて「さて今日は何から始めようか」と考えた瞬間から時間を無駄にしています。
既に1日の流れが分かっている人は行動が早くなるので無駄に考えないですみ、脳が疲れません。

 

朝は洗濯、昼は掃除と夕食の献立、大まかな流れが決まったら後はそれぞれの分野で時短について考えいきます。

 

洗濯の時短を考える時は、最初から仕分けが出来ていると時短に繋がります。
洗濯物のカゴの中1つに全てをまとめて入れていませんか?

 

最低3つはカゴを用意しておくと便利です。
直ぐに洗って欲しい物、下着類、シャツ類、こういった分類して先に入れて貰う事で洗濯をする時は効率がよくなります。

 

掃除の場合1番時短できるのはロボットです。
ルンバがあればとても役に立ちます。
ルンバというのは自動にほこりを吸い取ってくれるので、今まで掃除機をかけていた部分をやらなくてすみます。
それだけで時短成功です。

 

夕食の準備はあらかじめ献立を考えておく事が大切です。
時短をする上で大切な事は効率をよくする事です。
スーパーに行って食材をみながら今日の夕飯を考えるといったパターンでは駄目です。

 

スーパーに行く前に「今日の夕飯」を決めておく事が大切です。
そうすれば必要な食材だけ買ってしまえば良いので、余計に動く必要がありません。

 

時短は誰にでもできる事です。
1つの分野からでも時短をしていく事が大切だと思います。