限られた一日の中で自分の時間を1分でも多く捻出するために色々な工夫をしています。

 

まずは買い物です。一週間分の献立を週末にすべて決めてしまいます。平日は基本買い物へは行きません。

どうしても足りないものが出てしまったら、少し割高になってしまいますが最寄りのコンビニで購入します。

 

夕食作りも時間がかかる家事ですが、週末にできるだけ下ごしらえをして冷凍しておきます。

お肉を切って味付けして冷凍、野菜類も切って、炒めたり、煮たりするだけにしておいて冷凍です。

また、週末に余力があれば常備菜も作っておくと平日の夕食作りがぐっと楽になります。

 

掃除に関しては、色々な所に小さな掃除グッズを置いて、気になった時やそこを使用した時にささっとキレイにしてしまうクセをつけるようにしました。

掃除をしなきゃ、と思って始めるのはなかなか大変なので。あとはものを少なくすることが掃除を一番楽にします。

 

二、三ヶ月に一度は断捨離をしていらないものは売ったり捨てたりします。

ものがないだけで、掃除は格段に楽になります。

 

洗濯ものは極力ハンガー収納です。たたむとそれだけで結構な時間がとられてしまいます。乾いてとりこんだらそのままクローゼットに持っていって終了です。

 

まだ子どもが小さいと家に着いてからのかまって攻撃がすごいので、家事に取り掛かりたいのをぐっとこらえて遊びます。

家事をしながらではなくちゃんと向き合ってです。そうすると5分10分でも結構満足してくれて、そのあとの家事がはかどります。これで私は少しでも多くの自分時間を確保しています。

家事コンプリート術

さて、家事をするにもダラダラとするのはナンセンスです。常に忙しい主婦の皆さんは、自分の身をこにして、誰よりも周りを優先的に考え生活しています。

そんな皆さんにも、優先的な時間を確証する為の家事を提案してみたいと思います。必要最小限の時間を追求してみましょう。

 

1日の始まりは何からSTARTしたらよいでしょう。眠たい気持ちにムチ打って始動開始です。

私はいつも、洗濯干しからの始まりになります。前日夜に洗って伸ばしてあるので、朝干す時にはシワも伸びていて、乾いた後は苦手作業のアイロンいらずでたたむのが楽チンです。

 

次に朝食。前日準備としては特にありませんが、洗い物を少なくする派の私は、朝昼晩とワンプレート主義です。

 

電子レンジ対応のワンプレートなら、前夜のおかず、又は作り置きおかずを皿にセッティングラッピングしておいて温めるだけの5分cook。

更に、お昼の為の弁当の準備も同時に温めるだけ詰めるだけcookに。ご飯の支度が整った所で、床拭きしながら、家族を順番に起こしていきます。

 

ココで家族が集合した所で、五分間だけ協力してもらって、比較的簡単やりやすい玄関掃き掃除、洗面所掃除、トイレ掃除を当番制で進めます。

五分間協力は、平日のみです。休みの日には、掃除は私も含めてお休みします。毎日に近い状態でその都度掃除なので、なんにもしない日があってもOKにしています。

 

午前中までが自分の主婦パート時間、午後からの3時間は自分のサービス時間と決めて、心身に頑張り過ぎを求めないようにしていきましょう。