キャットフードは市場に沢山の種類が出回っているのですがその中であえて無添加な物を探したりするのは手間ですし高価な傾向になってしまいますのでその中でいかにして良いキャットフードを買うのかについてですがまず最初に穀物不使用の物を選びましょう。

 

猫は本来肉食の動物であり穀物を主食としては食べませんし穀物を消化する酵素のアミラーゼを持っていないので消化不良やアレルギーを起こしがちになりますので小麦やトウモロコシなどが入っているものは避けましょう。

 

次に粗悪な肉製品が使われているのかについてですが良い物であれば乾燥チキンや生肉などの表記がされていますがミールやミート、動物性油脂等の記載がある場合は人が食べるのが出来ないくらい粗悪なくず肉を使用している可能性がありますので猫にとっても勿論良く無いので出来る限り避ける事にしましょう。

 

そしてキャットフードは品質が悪い原材料を使用しているもの程添加物の量や種類も増えていく傾向にありそれは香料やうまみパウダーや着色料などでありますがどれも猫にとっては本来必要の無い物ですのでこれらが入っている物は良くないキャットフードと言えるでしょう。

 

特に着色料は猫にとって色を見分ける意味があまり無いので優先して避けるべき添加物になります。

 

猫は人間以上に良い餌か悪い餌かと言うのがわかりますので上記に挙げた点を注意して愛猫に対してより良いキャットフードを提供出来るよう飼い主は常に意識して買う様にする事で安心して与えられる事が出来る様になるでしょう。